ゆっくりと流れる優しい時間

おいしいお茶を飲む時に流れる温かく優しい時間は、あなたが忘れかけていた「想い」を蘇らせてくれます。

「お茶を通じて感動を創造すること」

台湾に留学しているときは、季節折々の楽しい台湾茶生活を満喫したものです。しかし、日本に戻ってからは満足のいく台湾茶が手に入らない状況に業を煮やし、それならばということで「茶通」を開きました。

「たかがお茶、されどお茶」

「茶通」で販売している茶葉は、年三回以上、直接台湾の茶園へ赴き、茶園はもとより区画単位で茶葉の生育や品質、安全性を吟味し、実力と思想のある茶師が作る茶葉の中でも、自分の五感が納得する茶葉だけを仕入れます。「美味しい台湾茶を飲んでみたい」というお客様の信頼を裏切らないお茶を販売すること、そしてお茶を通して感動を創出すること、それが茶通の使命だと思っています。

茶師 山道帰一のプロフィール

1975年生まれ。台湾・韓国・中国などアジア各地をはじめ、世界各国で宗教や哲学、風水を学び、風水師としての著書も多数。台湾の国家資格である「評茶師技術士」の資格を持つ。繊細で研ぎ澄まされた感性をフルに活用し、茶葉の買い付けをすべて自ら台湾各地の茶園に出向き、調達している。